【旅】La louvière【ベルギー】

こんにちはみなさん。ベルギーはラ・ルヴィエールにきております。

アムステルダムからパリへ向かう電車に乗った際に一度ベルギーは通過しましたが、実質的には今回がはじめてのベルギーです。

ラ・ルヴィエールはこの辺ですね。

エノー州の都市なわけですが、街中はそれなりに人が多く、平日だと車がとんでもなくたくさん走っていました。

ラ・ルヴィエールの街ににはその昔、狼の住む密林との呼び名があったとか。

La Louvièreウェブサイト

ウィキペディア(ラ・ルヴィエール)

 

ちなみにLa louvièreという街の名前の通りにフランス語圏ですね。ベルギーはオランダ語圏とフランス語圏にわかれています。ラ・ルヴィエールの街では一度もオランダ語は聞かなかったですし表記もほとんどみませんでした。見たのはスーパーでの食品などですね。上がオランダ語PUUR(英語だとpure)、下がフランス語NOIR(英語だとBLACK)です。言語によってダークチョコレートの表記も違うのはおもしろいですよね。ちなみに74%なんていう甘いチョコを食べるのは久々でした。

今回のホテルはちょっとしたコテージ感。

上の写真にもいますが俺の部屋の前にネコが常駐。見張ってくれています。

少し出てラ・ルヴィエールの街中はこんな感じ。

駅下の通路のヒップホップ感。

そして街から20分程歩けば世界遺産の「ラ・ルヴィエールとル・ルーにあるサントル運河の4つのリフトとその周辺 (エノー州)」につきます。

130年ほど前に作られた水力式のリフトで高低差がある川をつなぐために作られたものだそうです。一番古いらしいやつを見に行ってきましたが誰一人いませんでした。雨だったからでしょうか。一応予約すれば4つのリフトすべてを船に乗って体験できたりするそうです。しかしとても130年も前にできたものとは思えないですね。

一日あったオフは生憎の雨のなか散歩してきただけでしたが、楽しかったです。

また散歩動画の方もよかったらご覧ください。

ではでは。次はフランス・ショレ(Cholet)で公演のためにバスで8時間移動です。

2018年12月5日

Posted by pygmixmember