ノイズキャンセリングを使わなくなった話

MUSIC, , 機材・プラグイン

音響沼にほんの少しだけ一歩踏み出してるような気がするあらたですこんにちは。

そういえばここ1年位は飛行機に乗っても前ほどみんなboseのノイズキャンセリングつけてないなぁとちょっと思ったのでその話。

さて、私もboseのノイズキャンセリングヘッドホンconfort15をドヤ顔で使いながら飛行機に乗り込んでいたわけですが、もうここ5年以上はノイズキャンセリングのものを使っていません。

もちろんノイズキャンセリングは悪くないですよ。飛行機のうるさいエンジン音?振動音?を小さくして再生音を小さくできるから耳に負担も少なく出来ますからね。余談ですがエンジンより前の座席のほうが静かですよ。

1万円くらいで良いイヤホンないかなぁと思って検索すれば必ず行き着くshureのイヤホンSE215。

左側がSE215です(ケーブルは断線したので変えてます)右側はSE846。ともにイヤーピースが汚い。

これを初めて使った時に気づいてしまったんです。こんなに遮音性高かったらノイズキャンセリングの必要なくね。と。もちろん耳に合うかどうかはあると思うんですけどね。

そんなわけでそれ以来ずっとshureのSE215に最初からついてるブヨブヨのイヤーピースつけて飛行機の中で使っています。電車や街を歩くときはそもそもあんまり音楽聴かないのでほぼ飛行機専用です。

一応、他にSE215のSpecial editionはbluetoothで使ってます。そして音楽聴く用、作る用のshure SE846もありますが、こちらは音楽聴くようなので遮音性のそれほど高くないイヤーピースをつけてます(僕の場合は、です)。

ちなみにヘッドホンはでかいから手荷物に入れたくないっていうのも少しあります。イヤホンのノイズキャンセリングもありますけどね。

というわけで、shureがけと呼ばれる方法も含めて耳に合う方はshureのSEシリーズで飛行機にのるのも良いと思います。いままで試したことない人からしたらびっくりするくらい遮音性が高いと感じるはずです。もちろん音楽を聴くのにも十分すぎるクオリティです。マジおすすめです。

2018年11月16日

Posted by pygmixmember