SONY RX100M5 すぐ壊れる。 購入1年で2回も修理することに・・・

カメラ

あらたです。RX100M5を買って1年以上が経とうとしております。1年中旅してる身としては写真、動画ともに大活躍した一年ではありましたがすでに2回修理に出しております。ともに保証対象外認定されたために高額な修理代金となってしまってしまいました。1回目はたしか液晶のエラーで30000円ほど、今回の2回目は電源部のエラーで40000円ほど。私自身ものの扱いが間違いなくいいほうではありませんが、それにしても既に2回は電子機器類でぶっちぎりでございます。。。

1回目はモニターファインダーが接触不良で壊れて何も表示されなくなり、先日の2回目は簡単な衝撃で電源が入ってしまうという状態(ファインダー部が故障の原因だったよう)。

カメラのキタムラの修理業者、日研テクノさんにお願いしたのですがともに外圧が故障の原因でした。

といっても落としたりとかではありません。私の使い方が相当ハードだったからでしょう。精密機器ですので丁寧に使わなければならないのは間違いないのですがうーん。。。といったところです。他のカメラ等ではここまで故障したことないし。。。

性能に対してはもう価格に対して期待通りで全く文句はないのですが、ひとつボディ設計で気に食わないのが、電源ボタンの位置です。タイト目のパンツのポケットに入れるとひょんなこと、もしくは入れる最中に電源がはいってレンズがせり出してくるのです。これは本当によくない負荷が本体にかかっている気がしています。RX100m6と新しいのも出ましたがどうなんでしょ。

まぁでも高い修理代金払ってでも写真や動画は一瞬の出来事なのでプライスレスだからと自分に言い訳したり。実際、機動力の高いこいつはa7r3より印刷して部屋に飾ることが多いです。本気カメラは本気で取りに行くから仕事って感じなんですよね。音楽スタジオの壁にかけて、たまに入れ替えて楽しんでます。

さて、一応参考までに私のRX100m5普段使い装備でも。

まずはピークデザインのカフリストストラップですね。すべてのカメラをピークデザインのストラップで統一しております。めっちゃ便利です。さいこー。これはとても良いです。写真はカフリストストラップははずした汎用接続部です。

そしてマンフロットのミニ三脚 POCKET Sですね。サイズ感もよくて便利です。ただ一つ問題があるとすればバッテリーおよびSDの抜き差しの際にいちいち外さなければいけないこと。これが超絶めんどくさい。私の場合これを使うのは動画を取る際になるわけですが、そこまでバッテリー持ちはよくないですからしょっちゅう変えるわけです。あと強いて言うならばネジが本体に挟まっているわけではないので、三脚不使用時にネジがなくなる危険性があります。私も数回なくしかけてます。

使用時と

非使用時

そしてケースはELECOMの安いやつです。さっきのミニ三脚もつけたまま入れれます。

最後に純正アタッチメントグリップのAG-R2ですね。修理してなくなった時は使用感が違いすぎてすぐ気づきました。

 

まぁカメラの発展はすさまじく先日購入したiPhoneXs Maxにもびっくりしましたがこいつも当分使い続けるだろうと思います。ではでは。

 

2019年1月21日

Posted by pygmixmember